白髪の原因は?白髪はどうして生えてくる?対策や改善方法は?黒髪には戻らない?

自分の髪に白髪を見つけてボーゼン……。どうして生えてきたの? 抜いてしまって「白髪なんて生えてなかった」事にしたいけれど、それで大丈夫?できれば白髪をこれ以上増やしたくないという方も多いことでしょう。

みんなが気になる白髪の原因についてQ&Aにまとめてみました。

Q1. 白髪の原因は? どうして白髪が生えるの?

A.白髪の原因は、「遺伝」「加齢」「生活習慣」「病気」「ストレス」などによってメラノサイトという色素細胞の機能が低下したり消失することです。

びっくりするかもしれませんが、実は生まれたての髪はすべて白髪! これは毛根で作られたばかりの髪には、メラニン色素が含まれていないため。色素細胞という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

この色素細胞こそ、髪に色をつける存在。毛根で髪が成長する時に、色素細胞からメラニン色素を取り込むことで、髪には色がつくのです。

髪の毛のメラニン色素

色素細胞がメラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素の働きを必要とします。加齢などの原因によって色素細胞の機能が低下すると、チロシナーゼの働きが低下しメラニン色素は作られず、色が着かないまま の髪が頭皮から生えてきます。これが白髪の正体です。

また、色素細胞自体が何らかの原因でなくなってしまうこともあり、この場合も白髪になります。いずれにしても、色素細胞の消失やチロシナーゼの減少がなぜ起こるかについては、今のところまだ完全には解明されていません。

髪の構造
キューティクルやコルテックス、メデュラなど髪の構造

Q2. ストレスは白髪の原因になるって本当?

女性が自分の髪の毛の毛先を見ている様子

A.本当です。白髪には5大要因があり、ストレスもその一つです。

白髪になる原因は「遺伝」「加齢」「生活習慣」「病気」「ストレス」の5第要素です。そして、これらの複数の要因が重なって、白髪になるのではないかと言われています。

Q3. 白髪になる5大要因とは?

A.白髪になる原因の5大要素として「遺伝」「加齢」「生活環境」「病気」「ストレス」が挙げられます。

①遺伝

「白髪は遺伝する」とよく言われますが、白髪になる遺伝子はなく医学的に完全に証明されていません。両親と似た体質を受け継いでいるからと言って、必ずしも白髪の生え方も似るというわけではありません。まれではありますが、遺伝的要因により先天的にメラニン色素を生成できず白髪になる人がいます。

②加齢

加齢とともに、髪に色を付ける色素細胞や色素幹細胞の働きは衰えてきます。個人差はありますが、一般的に女性は35歳前後で白髪が生え始めると言われています。

③生活習慣

現代人は食生活の偏り、頭皮や毛髪が浴びる紫外線量の増加により、頭皮の皮脂等の酸化により白髪や抜け毛に影響すると考えられます。また、油の摂り過ぎによる血流への悪影響や栄養状態の不良も影響すると言われています。

④病気

「●●という病気によって白髪になる」と実証されている病気はほとんどありません。白髪が多く増えたからと言って「何かの病気にかかったのでは?」と心配する必要はありません。病気に中にはメラニン産生に影響を及ぼすケースもあり、甲状腺機能低下症や尋常性白斑、フォークト・小柳・原田病などが知られています。また、円形脱毛症の後は、白髪が生える確率が高くなるでしょう。

⑤ストレス

白髪とストレスは関係があるとも言われており、近年、神経の興奮状態が続くと白髪になるという報告がありました。しかし、そのメカニズムの詳細はまだ解明されていません。交感神経と副交感神経のバランスがストレスによって崩れると、メラニン色素を作り出すための幹細胞が減少し、新しく成長する髪に対して色素細胞が不足してしまいます。その結果、髪の毛が白くなってしまうのではという研究結果もあります。一夜にして髪が真っ白になることは科学的にはありえませんが、ストレスが続くと白髪が増えやすくなるのかもしれません。

そのメカニズムはまだ解明されていませんが、「ストレスをためこまないように、自分なりの楽しみを持つ」など、「これをしたら精神的に落ち着く」ということがあれば、日常生活の中に取り入れるといいかもしれないですね。

(出典: Nature 「Hyperactivation of sympathetic nerves drives depletion of melanocyte stem cells」)

Q4. 白髪って何歳くらいから生えるの?

女性が自分の髪の毛の毛先を見ている様子

A. 一般的には35歳過ぎから生え始めると言われています

一口に白髪と言っても10代や20代のころから若白髪が生えている人や、いくつになっても髪が黒々としている人など様々なケースがありますよね。若白髪の人の場合、中学時代や高校時代から髪に白髪がまじり出し、校則で髪を染めることができず悩んでいる人もいるようです。

このように個人差があるのが、白髪の生えるタイミング。日本人の場合、白髪が生えはじめる平均的な年齢は男女とも35歳を過ぎたころからだといわれています。

白髪は徐々に生える部位が広がり、増えていくケースがほとんど。白髪がどのように増えていくかも、人によってまちまちで色々なパターンがあるようです。若白髪の場合も同様で、だんだん生える部位が広がり、量が増えていく人が多いようです。

Q5. 白髪は抜くと増えるって本当?抜いても大丈夫?

A. 抜いても増えることはありません

白髪は抜くと増えると言われますが、抜くことが原因でさらに増えることはありません。初めて自分に白髪を見つけると、反射的に抜いてしまう方が多いかもしれません。

白髪に気づきはじめる時期は、ちょうど白髪が増える時期と重なるため、こうした風説が生まれたのではないでしょうか。

白髪を無理に抜くと髪や頭皮にダメージを与えることもあります。気になる場合は根本からカットしたり、自分に合った白髪染めを使うといいでしょう。

白髪が増える原因としてよく耳にするのが加齢や遺伝ですが、それ以外にもストレスや食生活の乱れなども影響するとも言われています。

Q6. 一度白くなった髪は、もう黒くならないの?

A. 「黒髪に戻れる白髪」と「戻れない白髪」があります

白髪をなんとかして黒く戻したいと考える人もいることでしょう。髪に色をつけるためには「色素幹細胞」とそこから生まれる「色素細胞」の両方が必要です。

白髪の中にはこの両者が存在しているにもかかわらず、働いていない状態のものがあることが分かっています。色素細胞が何らかのきっかけでメラニン色素を作ることを途中からやめてしまうことがあります。

このような毛髪は色素細胞がメラニン色素を作る事が出来れば黒髪に戻る可能性があると言われています。「一度白くなった髪が、黒く戻った!」という経験がある人がいるのは、このためです。

色素細胞を生む色素幹細胞がなくなってしまうと黒髪に戻ることはないと言われています。このタイプの白髪は、黒髪に戻れない白髪だと言えます。

黒髪に戻れる白髪

色素幹細胞も色素細胞も両方存在し、色素細胞が機能していない

黒髪に戻れない白髪

色素幹細胞も色素細胞も両方存在していない

Q7. 白髪を生やさないための改善方法はある?

食卓にならぶ料理の写真

A. 健康的な日常生活が白髪対策につながります

残念ながら、「これさえしておけば絶対に白髪が増えない!」という対策は現時点では見つかっていませんが、ツヤツヤとした髪を育むには、カラダの中から健康になるのがいちばん。

髪に良いとされる栄養素(タンパク質・亜鉛・ビタミン全般・カルシウム・銅・鉄・葉酸)をバランスよく摂ることや、毎日リラックスタイムを設けてストレスをこまめに解消すること、頭皮マッサージを行うことで、血行を良くし髪の毛を健康な状態に保つことができ、美髪につながると言えるでしょう。さらに、正しい方法でシャンプーを行うことも健康な頭髪のためには重要です。

また、寒色系の白髪染めをした髪は紫外線によって変色などの影響を受けやすくなるので、紫外線ケアも忘れないようにしましょう。

監修

小林 紗也さん

ホーユー株式会社 総合研究所
製品開発第一研究室 研究員