40代女性の薄毛対策!薄毛が目立たない髪型は?ボリュームアップとスタイリング方法

年齢とともに髪にハリやコシがなくなり、気づけば頭頂部がペッタンコ。さらには分け目から地肌がくっきり見えてしまって、老け見えしちゃう原因に。

神戸で複数のサロンを展開するshiomi Hの代表・潮海達矢さんと10 by shiomi Hの店長・ウーボさんに、薄毛の正しいケア方法と対策、そして薄毛をカバーする最新ヘアスタイルを聞きました。

shiomi H 代表 潮海達矢さん

スタイリング提案

shiomi H 代表 潮海達矢さん

お客様に似合うパーソナルヘアカラーを中心に、豊富な経験と独自の理論で生み出したデザインを提案。shiomi Hの詳しいサロン情報はこちら

10 by shiomi H店長 ウーボさん

スタイリング提案

10 by shiomi H店長 ウーボさん

「似合わせスタイル」を得意とする人気美容師。透明感のあるハイライトカラーやナチュラルなヘアスタイルを提案するインスタグラム「@shiomih_ubo」も人気。

薄毛の兆候とは?

薄毛の兆候とは

そもそも女性の薄毛はいつ頃から始まって、どのような特徴があるのでしょう。

「実は30代を過ぎる頃から髪の老化は始まっていて、それが目に見えて分かるようになるのが40代前後。うねりやパサつきはもちろん、薄毛もこの中に入ってきます。
女性の薄毛の特徴としては、男性のように局部的に薄くなるのではなく、全体的に髪が減る傾向にあります。そのため、自分の髪が薄くなったことに気づきにくく、スタイリングなどを通して初めて理解する人も少なくありません」(shiomi H/潮海達矢さん)

実は薄毛の兆候は、かなり前から少しずつ進行していることが判明! そして薄毛進行を加速させてしまう傾向として、潮海さんは5つの項目を挙げています。

①以前よりも髪が細くなった
②頭皮に赤いポツポツができたり、赤くなったりする
③ずっと頭皮がカチコチ状態
④頭皮のベタつきが気になる
⑤しっかりシャンプーをしてもフケが出やすくなった

これらの項目に1つでも当てはまる人は要注意。薄毛が進行しているサインです。「このようなトラブルを避けるためには日頃から自分の頭皮や髪を観察して、状態をきちんと理解しておくことが大切です。頭皮&髪のセルフチェック習慣をしっかりつけてくださいね」(shiomi H/潮海達矢さん)

こんな生活習慣はNG! 薄毛を進行させる2大要因

そして、薄毛は遺伝や加齢が原因とは限りません。中でも下記の以下の項目には要注意!

過度な疲労やストレス

「ハードワークで毎日の慢性疲労や睡眠不足に悩んでいる人、さらに大きなストレスを抱えている人は要注意。生活サイクルの乱れやストレスは、血流を悪くさせてしまう原因に。その結果、頭皮に必要な栄養分が届かず、薄毛になってしまうことも。髪を洗うときには頭皮をしっかり揉み込み、マッサージするように洗うのが効果的。他にも頭皮マッサージ器具を使ったり、頭皮エッセンスを使うなど、血流を良くする習慣をつけると良いでしょう」(shiomi H/潮海達矢さん)

食生活の乱れ

糖質や脂質の摂り過ぎは、肥満や肌の不調だけでなく、髪にも悪影響を与えます。皮脂の分泌量が急増して毛穴詰まりを起こし、薄毛の原因となってしまうのです。また、偏った食生活もNG。髪のサイクルを整える女性ホルモンを減少させてしまうからです。糖質や脂質は適量を心がけ、女性ホルモンと同じような働きを持つ大豆製品を積極的に取り入れてください」(shiomi H/潮海達矢さん)

薄毛カバー! 美容師直伝・ボリュームアップヘアスタイルとは?

頭皮や髪のセルフチェック、生活習慣の改善など、薄毛の対策は覚えたものの、どれも時間をかけて改善するもの。できればすぐにでも目に見える薄毛対策をしたい。

そうなると、やはりスタイルチェンジで見た目の印象を変えるのが一番です。ボリュームアップを叶えるスタイル対策には、以下のような要素を取り入れるのがベスト!

分け目を変えてスタイリング
根元に自然な立ち上がりが生まれ、頭頂部にフワッと感が出る

前髪を厚めに設定
正面から見た時の髪面積が増えることで、薄毛感をカバー

顔周りに動きを与えたデザインに
ペタ髪を解消すると同時にハリ・コシ感のある印象を叶える

普段のヘアカラーにハイライトをプラス
カラーの明暗で立体感が生まれ、ボリューミーな見た目に

ヘアカラーを暖色系の明るめカラーに
明度の高い暖色カラーには膨張効果があるので、フワッと感がアップ

これらの要素を取り入れたヘアなら、あっという間に薄毛もカバー! その効果のほどについては、これから紹介するスタイルで確認してみましょう。

スタイル1:前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」

BEFORE

前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」

AFTER

スタイル1:前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」
スタイル1:前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」 サイド
スタイル1:前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」 サイド

   このスタイルを担当した潮海達矢さんのサロン情報を見る>>

BEFORE           

スタイル① 前髪カット&膨張カラーで作る「マッシュウルフ」

「面長顔で全体的にのっぺりした印象のスタイルだった彼女には、前髪を作ったマッシュショートをチョイス。褪色してアッシュ系に転んだカラーに、明るいオレンジブラウンを入れてふんわりとした印象を与えました。
前髪はやや透け感を出すのがポイント。眉の見えない前髪はかえって面長を強調させるので、適度な透け感がある方がバランスが良く、全体のシルエットは、ウェイトポイントを耳上に設定するようカットするのもポイントです。
以前よりも顔が引き上がったような印象を与えると同時に、顔まわりに厚みが加わって薄毛感も一気に解消! 表面に細かいレイヤーを入れて、躍動感もプラスさせるのも忘れずに。
もちろん、気になるトップの分け目もご覧の通り。地肌が隠れて、根元の立ち上がりも確認することができます」(shiomi H/潮海達矢さん)

くっきり分け目に悩んでいたモデルさんも、ふんわりボリューム感のあるスタイルに

薄毛を隠すスタイリングポイント

ドライヤーは、根元を左右に動かしながら風を当てる

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

全体の髪の根元を濡らしたら、根元に風が当たるように、髪を片側に引き寄せながら乾かします。全体の7割が乾いたら、今度は反対側に髪を引き寄せ、同じようにドライ。仕上げに分け目付近の毛束を左右に移動させながら乾かし、ふんわりボリュームを出していきます。

前髪の表面のみアイロンで根元に軽く立ち上がりを

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

ストレートアイロンを使い、前髪の表面だけ取り出して根元付近を半回転。下の毛束との空間を作ることで、前髪に自然な厚みを出すことができます。カールが落ちてこないよう、仕上げにハードスプレーを軽くかけておいても良いでしょう。

サイドの髪はもみあげを残して耳掛け

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

サイドの髪を耳掛けすることで、顔周りの髪に厚みを出すことができます。全部かけても良いですが、もみあげ部分の髪を残しておくと、輪郭補正ができるので小顔効果が叶います。オイルを使ってタイトに抑えるのが成功のカギ。オイルは軽い仕上がりのNiNE マルチスタイリングオイル ライトを使用。

スタイル2:ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」

BEFORE

スタイル2:ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」

AFTER

スタイル② ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」
スタイル② ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」サイド
スタイル② ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」バック

        このスタイルを担当したウーボさんのサロン情報を見る>>

スタイル② ハイライト&繊細レイヤーで叶える「くびれミディ」ビフォーアフター

「トップの分け目と全体にストンとしたシルエットで顔の輪郭が際立っていた彼女には、トップにレイヤーを入れた動きのあるスタイルに仕上げました。フロントはリップラインでカットして、顔まわりの動きが目立つように設定。外ハネさせた毛先でくびれを作り、メリハリのあるシルエットでボリューム感を出しました。
そして一番のポイントはハイライト。表面に細かいハイライトを入れて、地色とのコントラストで立体感と躍動感を強調しながらも、自然な仕上がりに。
気になる分け目は、以前の分け目から少しだけ場所をずらすのがポイント。さらに手ぐしでかき上げたようなラフ感のあるスタイリングで仕上げます。こうすることで、地肌カバーはもちろん、フワッと感も叶えることができます」(10 by shiomi H/ウーボさん)

トップはもちろん、全体のシルエットに広がりを持たせたことで、優しい印象へと早変わり。顔周りの髪がフレーミング効果を与え、小顔見せにも一役買っています。35歳というモデルさんの年齢を感じさせない、若々しい仕上がりにも注目!

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

全体が乾く直前に分け目をずらしてドライ

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

全体の髪の根元を濡らしたら、トップは根元をギュっとつかむようにして乾かします。9割くらいまで乾いたら、普段の分け目から少しずらした状態でドライ。髪の形が整うのは髪が完全に乾く直前なので、この方法を取り入れると簡単に分け目補正ができて、根元もふんわり立ち上がります。

トップの根元をアイロンでワンカール

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

トップの毛束を取り出したら、根元をアイロンで挟んでそのまま内側にワンカール。毛束は多く取り出さず、2~3回に分けてカールを作るのがコツ。後頭部にフワッとした立ち上がりがつきます。

アイロンで毛先をワンカールさせて外ハネに

薄毛に見せないためのスタイリングポイント

今季は外ハネさせたスタイルがトレンド。さらにくびれが強調されるシルエットになるため、顔周りの躍動感や毛先の厚みが強調され、ボリューミーな印象を与えます。作り方は、毛先にアイロンを挟んで外側に1回転させるだけ。仕上げにスプレーをつけてほぐすのも忘れずに。使用アイテムは、NiNE ルーセントスプレー5。ほどよいキープ力とエアリーな仕上がりが叶います。

薄毛をさらにカバーするホームケア術

ヘアデザインやスタイリングでボリュームスタイルを作っても、自宅でのケアを怠ってしまっては台無しに。以下のホームケアを守って、ふんわりヘアを長持ちさせましょう!

・髪を乾かすときには、根元にドライヤーの風を当てる。また、根元を立ち上げながら乾かすこと。

・カラー褪色を防ぐため、ブロードライ前にはヘアオイルを使うのを忘れずに。

・毎日のお風呂習慣を心がける。頭皮の血流を良くさせて、発毛効果へと導きます。

薄毛に関する知識を抑えておけば、誰でもふんわりボリューミィなスタイルは手に入ります。今回紹介した情報をもとに、自分に合った薄毛対策を始めてみてはいかがでしょう?

shiomi H 代表 潮海達矢さん

スタイリング提案

shiomi H 代表 潮海達矢さん

神戸の有名美容院スタイリストを経験後、2015年にサロンオープン。お客様に似合うパーソナルヘアカラーを中心に、豊富な経験と独自の理論で生み出したデザインを提案。女性らしさを最大限に引き出すスタイルで、多くの女性顧客から支持を集める。雑誌などさまざまな媒体でヘアスタイルを多数掲載。

10 by shiomi H 店長 ウーボさん

スタイリング提案

10 by shiomi H 店長 ウーボさん

お客様の顔型や髪質などを考慮した「似合わせスタイル」の提案を得意とする人気美容師。顧客層も幅広く、20代〜50代以上の世代を担当。雑誌などの活躍だけでなく、業界のイベントなどでも活躍中。

今回使用したスタイリング剤「NiNE」のご紹介

サロン品質のスタイリングケアブランド「NiNE(ナイン)」。ベタつきのない軽やかなツヤ感や細かい束感を持続させ、肌にも使えるオイルタイプと、保湿しながらスタイリングし、セミウェットな質感を演出するクリームタイプを展開。

詳しくはこちら

マルチスタイリングオイルリッチ/ライト 100mL 3,080円(税込)
デザインセラム/デザインドロップ 80g 2,080円(税込)
※商品名は左から順に記載

ルーセントスプレー
透け感のあるスタイリングとUVダメージケア※1を同時に叶えるスプレータイプの「ルーセントスプレー」。使用ポイントに合わせたキープ力、細かな霧、ベタつきや重さを感じない使用感にこだわりました。
詳しくはこちら

※1 UVなどによるダメージした髪を補修

ナイン ルーセントスプレー5 50g 1,100円(税込)
ナイン ルーセントスプレー9 180g 2,090円(税込)
ナイン ルーセントスプレー0 60g 1,650円(税込)
※商品名は左から順に記載

【出典】Deja-Vu / PIXTA(ピクスタ)